· 

切り返しトークを作成しよう!

さて、皆さんは商品を売られている側の不安や懸念等についてしっかり把握出来ておりますでしょうか?

今回はその不安や懸念を取り除く為のトークを作成していきましょう!

 

まずは下記3点を整理していきましょう。

 

・商品を紹介した際のユーザーからの断り文句

・ユーザーが思っていそうな懸念

・商品/サービスへの不安、不満、誤解

 

上記3点を挙げ、それに対する切り返しトークを作成していきましょう。

例えば、「バッテリーに特化したスマートフォン」が商材の場合、

ユーザーからの断り文句として「現在の端末で満足しているので結構です」と断られる場合は、

「現在のバッテリーの持ちとかどうですか?もし長くお使いいただいているのであればバッテリーも劣化している場合もございますので、この機会に是非オススメいたします」といった感じでトークを用意しておくことにより、購入してくれる可能性も高まります。

 

"eigyo intelligence"ではそのフォーマットをご用意し、各営業現場に落とし込むことが可能です。

 

 

上記の画面から簡単に切り返しトークの作成が可能です。

また、こちらで作成したトーク内容をAIが搭載されたチャットボットや各デバイスツール(タブレット等)

に落とし込むことも可能です。

 

ご興味/ご関心をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください!

"eigyo intelligence"お問い合わせフォーム

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

商品を売っていく上では必ずと言っていいほど断られることが多いと思います。

何事にも事前準備をしっかり行った上で本番に臨むと、成功する割合も高くなってくるので、

是非、参考にしてみてください!!