· 

競合となる企業を分析しよう!

 

 

さて、皆さんは競合分析はしっかりされておりますでしょうか?

自社商品を売るにしても、その類似商品を扱っている企業を分析していないと

他社と比べてどういった点が差別化出来ているのかが伝えられず、購入してもらえない

といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は競合他社となる企業を分析していきます。

分析する上で、まず以下の点を整理してみましょう。

 

・他社の商品名

・他社商品の値段

・メインターゲット

・差別化ポイント

・シェア

 

自社商品を売っていく上で類似商品としてはどういった商品があるのか、

その商品の値段、メインターゲットとなる顧客はどういった属性(特徴)なのか、

その類似商品と比べて自社商品ではどういった点で差別化が出来ているのか(値段が安い、高機能性)、

他社の類似商品の市場占有率はどれくらいなのかを整理してみましょう。

 

 

"eigyo intelligence"ではそのフォーマットをご用意し、

実際の営業現場で使えるトークスクリプトとしてご提供いたします。

 

上記の画面から簡単に競合分析が出来、それを元にトークスクリプトを作成/依頼することが可能です。

 

例えば、「バッテリーに特化したスマートフォン」に関する競合分析だと、

自社とA社を比べた時に自社の方がキャンペーンで他社よりも安くスマートフォンを購入出来るという

強みがありますので、トークスクリプトには「他社よりも安値で購入が出来る」といった内容を加えることにより、

より売れやすくなります。

 

 

ご興味/ご関心をお持ちいただけましたら、是非お気軽にお問い合わせください!

 

"eigyo intelligence"お問合せフォーム

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

競合分析をする上で、しっかり他社との差別化が整理出来ていない状態で

商品を売っている営業マンの方も多いのではないでしょうか。

これを機に一度、競合となる企業の情報を見直してみるのもいいかと思います。

 

 

では、本日も頑張っていきましょう!!!