· 

売りたい商品の定義を決めよう!

 

 

前回は営業PDCAについてご紹介させていただきましたが、

じゃあ実際に営業戦略を立てよう!って思っても中々立てらないものです。

 

なので、今回はまず初めに売りたい商品の定義を作ってみましょう。

 

定義として書いておきたい内容は以下の通りです。

 

①商品名

②商品の詳細(どういった商品なのかを詳しく)

③商品の良さ(この商品ならではの良さ)

④値段

⑤ターゲット(どういったお客様に購入していただきたいか)

⑥シェア(売りたい商品の市場占有率)

⑦類似商品(他社で似ている商品はあるか)

 

とりあえずはこの7点を書いていってみましょう。

 

書けましたら、この7点を元に営業戦略を作っていくのですが、

だとしてもテンプレートはやっぱりほしいですよね・・・

 

そこで、"eigyo intelligence"ではそのテンプレートをご用意させていただきます!


"eigyo intelligence"では、上記の画面で10個のステップを入力するだけで簡単に営業戦略を立てれます。

 

いきなりこの画面から入力することも出来ますが、しっかりどういった商品で誰に売っていきたいのか

という点を整理してから入力していったほうがスムーズかと思います。

 

 

また、サービス開始自体は12月を予定しており、現在30社様限定で先行申込を行っていますので

ご興味/ご関心をお持ちいただけましたら下記よりお気軽にお問い合わせください!

 

"eigyo intelligence" お問合せフォーム

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

私も異業種交流会等に参加して色んな企業様とお話させていただく機会も多いのですが、

売りたい商品が整理出来ていない状態で戦略を立てていってしまっている方も多いようです。

 

営業戦略の内容を元にトークシナリオを作成し、各営業現場に落とし込まれていくので、

しっかりした営業戦略を作っていくことが重要になってきます。

 

このサービスを通して営業するのが楽しいと思えるような、

そんなサービスを提供していければと思います!